議員紹介

中川たかもと

すべてに真正面

画像(130x156)・拡大画像(535x639)
生年月日 1967年02月25日
事務所 名古屋市東区泉2-4-17
TEL 052-931-4408
FAX 052-932-7316
mail nakagawatakamoto@k5.dion.ne.jp
選挙区 東区
当選回数 6回

役職

  • 自由民主党名古屋市会議員団 顧問
  • 私立幼稚園連盟 議員
  • 民間保育園連盟 議員
  • 学童保育議員連盟 議員

経歴

平成元年 早稲田大学商学部卒
平成元年 衆議院議員 海部俊樹 秘書
平成7年〜現在 名古屋市会議員(4期目)
平成8年5月〜平成9年5月 大都市制度確立促進特別委員会副委員長
平成9年5月〜平成10年5月 計画建設委員会 副委員長
平成10年5月〜平成11年4月 財政衛生委員会 副委員長
平成11年5月〜平成12年3月 計画建設委員会 副委員長
平成11年5月〜平成12年5月 運輸対策特別委員会 副委員長
平成12年4月〜平成12年5月 土木交通委員会 副委員長
平成12年5月〜平成13年5月 総務環境委員会 副委員長
平成13年5月〜平成14年4月 自由民主党名古屋市会議員団財務 委員長
平成14年5月〜平成15年4月 愛知県競馬組合議会議員
平成15年5月〜平成16年5月 国際都市建設促進特別委員会 副委員長
平成15年5月〜平成16年5月 名古屋港管理組合議会議員
平成16年5月〜現在 財政教育委員会副 委員長
平成16年度 名古屋競輪組合議会議員 議長
平成18年度 議会運営委員会 委員長
平成18年度 自由民主党名古屋会議員団 幹事長
平成19年度 総務環境委員会 委員長
平成20年度 自由民主党名古屋市会議員団 政調会長
平成22年度 自由民主党名古屋市会議員団 幹事長
平成24年度 名古屋市会議長(第87代)
平成26年度 自由民主党名古屋市議団 幹事長
平成27年度 自由民主党名古屋市議団 団長

メッセージ

市政一新・改革断行

サラリーマンの父と家計を助けるためパートで働く母のもとに育ち、政治とは全く無縁だった私ですが、子どもながらに政治に関心を抱いて過ごしてきました。 学生時代には、友人と政治について意見を交わしたものです。しかし、当時はサラリーマンの家庭の子が政治家になれるとは考えていませんでした。 大学生の時、政治の腐敗を痛感させられる事件が起きました。あの「リクルート事件」です。私たちの将来を深く考えました。これが、私の政治に対する気持ちを揺るぎないものにしたのです。 5年間、サラリーマン生活を送りました。たくさんの人との出会いが、貴重な経験になりました。自分が、周りの人たちに温かく支えられて生きているのだと実感しました。
真面目に生きている人たちすべてが報われるようなそんな社会にできないものか。そのために、私に何ができるのか考えました。 28歳で立候補を決意し、多くの皆様のお蔭様で、二世議員でない私が初当選をさせて頂きました。
私はこれまで天下りの温床と言われる外郭団体の改革や税金の無駄使いと言われた広小路通りの一車線化を断念に追い込む先頭を走ってきました。 同時に緊急雇用対策や福祉の充実、子育て支援・教育問題にも取り組んできました。私の最も大切にしている言葉は「初心生涯」です。 これからも改革の先頭を走り、同時に持続的な名古屋市の発展に全力投球してまいります。

個人活動報告

平成20年度予算の概要と中川の目指す新たな政策

教育の充実に向けて―国や県の規制を取り払います
−市立小・中学校教員に関する権限を市へ一元化し、教育の充実を図ります−

  • 国や県が持っている教職員定数権や給与負担権とその税財源を名古屋市へ一元化し、各学校の実情に合った柔軟な教員配置を目指します。例えば、現在の規定ではともに2クラスとなる3年生41人、4年生80人の学級の場合について、児童生徒等の状況に応じて、3年生1クラス、4年生3クラスといった学級編成をおこなったり、落ち着いている学校から、指導困難な児童生徒が多い学校への教員のシフトを行うことにより、各学校と市全体の教育効果を高めることを目指します。

子どもたちを危険から守ります

  • 2001年に大阪市池田小学校の児童殺傷事件が起き、また、名古屋市においても平成19年度66件の不審者情報が市教育委員会へ寄せられています。そのような中で、児童・生徒が安心して学校に通えるように、不審者情報などの一元化を図り、保護者の皆様が情報の共有を出来るようなシステムの構築を目指します。
  • 第三者相談機関を設置し、いじめ等の学校内のトラブルや、学校と保護者のトラブルの解決を目指します。

老人クラブ助成金拡大と老人ホーム等施設の整備を進めます
−高齢者の皆様にイキイキとした生活を送って頂くために−

  • 年々老人クラブへの活動費の補助金は減額されています。いつまでも元気でイキイキと生活を送って頂くために老人クラブへの助成金拡大に努めます!
  • 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の整備を進めるとともに、「クオリティライフ21城北」において陽子線によるがん治療施設の整備を進めます。

上下水道料金の減額に取り組みます

  • 私たちは身の回りの生活に少しでもゆとりができることを願っています。そのため普段の生活に直結する公共料金のあり方については厳しくチェックしていきたいものです。財政面から見ても、上下水道料金はもっと安くなってもおかしくありません。水を使えば使うほど割高になる現在の逓増制や基本水量の見直しを行い料金体系全体のあり方を見直していきます!

皆さん、一緒に明日の名古屋を創りましょう!

  • 日本一改革が進んだ市議会の実現
  • 市債発行の抑制 〜子どもたちにこれ以上借金を増やさない〜
  • 外郭団体の統廃合や職員定数削減の推進など行財政改革の断行
  • 低所得者や中小企業に配慮した市民税減税の実施 
  • 地域委員会はまず、モデル事業の徹底検証を実施
  • 中学生までの医療費の全額無料化を実施
  • 保育園の待機児童ゼロの実現
  • 小中学校に冷暖房設備の設置
  • 特別養護老人ホームなどの介護基盤を整備
  • 緊急経済対策の実施 〜名古屋再生プラン〜
  • 中小企業が行う設備投資を支援
  • MRJや次世代自動車を支援するなど名古屋の産業構造を強化し雇用を増大
  • 栄の復権 〜栄周辺の回遊性向上と魅力アップ作戦〜
  • 文化のみちエリアの町並み保存を推進
  • 区役所の土日開庁を拡充
  • COP10の成果を受けて「環境首都なごや」の推進
  • 大学・学生と地域が協働して街づくりを進める学生タウン構想の推進
画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)

画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)

画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)
画像(156x123)・拡大画像(190x150)

画像(508x332)・拡大画像(612x400)

ページのトップへ


このページの先頭へ